農地・水・環境保全向上対策
大丹生地区活動組織規約

(名称)
第1条    この活動組織は、大丹生地区活動組織と称する。

(目的)
第2条    活動組織は、第3条の構成員による共同活動を通じ、大丹生地域に存する
          農地・農業用水等の資源や農村環境の良好な保全と質的向上を図る
          ことを目的とする。

(構成員)
第3条    活動組織の構成員は添付様式5−1のとおりとする。

(代表等)
第4条    この活動組織に、代表1名、副代表1名、書記1名、会計1名、監査役
          1名を置く事とする。代表等役員は添付様式5−2のとおりとする。
       2 代表、副代表は大丹生地区の農事組合役員会で推薦後、区集会の承認を経
          て就任するものとし、書記及び会計は、代表が指名するものとする。
       3 監査役は大丹生区長若しくは区長が特に指名した者を充てる。
       4 代表は、この活動組織を代表し、活動組織の業務を統括する。
       5 副代表は、代表を補佐し、代表が欠けたときは、代表を代行する。
       6 書記は、活動組織の業務の事務等を行う。
       7 会計は、責任者として事業の会計を行う。
       8 監査役は、責任者として事業会計の監査を行う。
       9 役員の任期は、
4月1日から3月31日とし、再任はこれを可とする。

(会議)
第5条    活動組織の会議は、必要に応じて代表が招集する。
       2 活動組織の会議は、構成員の半数以上の出席によって成立する。ただし、
          出席は、委任状をもって代えることができる。
       3 会議の議長は代表があたり、議案は出席した構成員の過半数により決定す
          ることとし、可否同数の場合は、議長が決するところによる。
       4 会議により決定した事項については、決定事項を記載した書面を作成する
          とともに、その写しを構成員全員に配布して確認するものとする。

(付議)
第6条    活動組織の目的を達成するため、会議には次の事項を付議するものと
          する。
       一 活動組織の運営に関すること
       二 活動組織が実施する活動についての計画に関すること
       三 活動組織の出納の監査に関すること
       四 その他活動組織の目的を達成するために必要な事項

(雑則)
第7条    この規約で定めるもののほか、必要な事項については、その都度協議する
          ものとする。

(その他)
第8条    この規約は平成19年7月31日に定め、同日施行するものとする。

緑の葉っぱ

 

農地・水・環境保全向上対策とは

農地・水・環境保全向上対策とは、監督官庁である農林水産省の説明によると 『我が国の農地・農業用水等の資源の適切な保全管理が、高齢化や混住化等により困難になってきていること、ゆとりや安らぎといった国民の価値観の変化への対応が必要なこと、我が国農業生産全体の在り方を環境保全を重視したものに転換していくことが求められていることから、地域ぐるみでの効果の高い共同活動と、農業者ぐるみでの先進的な営農活動を支援する』 制度です。
当大丹生地区では平成19年からこの制度を活用し、日々の活動に役立てています。